サイズ直し
料金

BEFORE
TOTAL ¥3000~
AFTER

指輪 サイズ直し

基本料(縮め) ¥3,000
特殊基本料 ¥10,000
伸ばし ¥1,000
(別途地金代がかかります)
地金代(1号毎) K18 =¥700 K18WG/PG =¥800 Pt900=¥900 Pt950=¥1000
V925=無料 Pt900/K18コンビ=¥1500(コンビ地金加工代を含む)
【幅2.5㎜までは上記の金額、幅2.6~5.0㎜までは1.5倍、5.1㎜以上は2倍】
基本地金以外 ¥1,000
石・パーツ付き ¥1,000
4号以上の変更 ¥1,000
特殊デザイン ¥1,000
特殊な石留め ¥1,000
特殊な地金 ¥1,000
模様再現 ¥1,000
ブランド ¥1,000
レーザー溶接 ¥3,000
メッキ・燻し ¥1,500~

特殊なサイズ直し

伸ばし機(伸ばし) ¥5,000 割れた場合は通常の直し(1号伸ばしまで)
内部削り(伸ばし) ¥10,000 幅10㎜まで(1号伸ばしまで)
板張り(縮め) ¥12,000
(別途地金代がかかります)
リング内側に板を張る
腕交換 ¥12,000
(別途地金代がかかります)
薄い部分を太く交換


金額・加工方法について

指輪のサイズ直しは指輪の真下を切ってサイズを調整しますが、
指輪の素材や形状、などによって加工の難易度、加工時間が変わるため
加工代は基本料に追加料金がかかる料金体系をとっています。

縮めなら指輪の真下の2か所を切って断面同士の口を合わせて火を使って溶接します。

シンプルな結婚指輪で素材がジュエリーでは定番の
K18イエロー・ホワイト
Pt900、Pt850
SV925(STERLING SILVER)
であれば一番安くて
①基本料 ¥3,000で直すことができます。
(この基本料が大粒のダイヤや高級な宝石がついている場合は
お預かりのリスクを考えて10000円と高めに設定しています。
コンビリングや一部のブランド特殊リングなども加工の難しさから
高めに設定しています。)

ちなみに、切り取った地金はお返ししますので
サイズを伸ばす場合には再利用することができます。

 

RING NOBASHI

サイズ伸ばしは縮めと違い、地金を挟んで2か所溶接する分手間がかかるので
②伸ばし  ¥1,000がかかります。

RING HABA

リングサイズ1号は内径1㎜です。
サイズを伸ばすための
③地金代
幅2.5㎜まで1号当たり
K18 =¥700
K18WG/PG =¥800
Pt900=¥900
Pt950=¥1000
SV925=無料
Pt900/K18コンビ=¥1500(コンビ地金加工代を含む)
となります。

幅が広い指輪は地金代が多めに必要なので
幅2.6~5.0㎜までは1.5倍、
幅5.1㎜以上は2倍の金額がかかります。

また、上記以外の当社が定番素材と定めていない
Pt1000/Pt950/K14/K10や
同じK18でもピンクゴールドのように硬くて加工が難しい場合、
素材を調べる必要がある刻印のない場合は
④基本地金以外 ¥1,000

石やパーツは傷をつけないように保護材を塗るため
⑤石・パーツ付き ¥1,000

大幅なサイズ調整は加工が難しいため、
⑥4号以上の変更 ¥1,000

この他に、幅が広い指輪、印代リングやカレッジリングなど
⑦特殊なデザイン ¥1,000

加工する際に注意する必要がある
⑧特殊な石留 ¥1,000

ハードプラチナなど
⑨特殊な地金 ¥1,000

火での修理(ロウ付け)が難しく他では断られることが多い
石付きシルバーやピンクゴールドの場合は
⑩レーザー溶接  ¥3,000が追加でかかります。
この直し方は火を使ったときに出るロウ目と呼ばれる
溶接面が出ないというメリットもあります。

SAIZU CAREFUL

また、サイズ直しには了解事項があります。
火を使って地金同士の間に接着材の役割をするロウ材を流して溶接すると
ロウ目と呼ばれるラインが出ます。
また、指輪を切ってサイズ調整するので溶接面の近くの刻印は消えます。
模様なども同様です。

IROCHIGAI

ブランドなどで特殊な配合をしている地金の場合は
本体と伸ばした地金の色の違いが出る場合があります。

SAIZU CAREFUL2

シルバーの場合、火を使って溶接する場合は全体を温める必要があります。
その際に全体が写真のように白く変色するので磨き直す必要があります。
当然、ピカピカに光ってしまうのでお預かり時と雰囲気は変わります。
レーザー溶接という方法だと切断面のみピンポイントで溶接するので
お預かり時の雰囲気が変わりません。

DAEN

また地金自体が硬い場合やリングの上半分に石が留まっている場合などは
地金を叩いて芯金に沿わせることができないため、楕円形になります。

RING ATSUMI

また指輪の厚みが1㎜以下で薄すぎる場合には強い力が加わると
修理しても折れる可能性があるのでその点もご了解いただきます。

UDE KOUKAN B UDE KOUKAN A

腕の厚みが薄すぎる場合は腕交換といって細い部分をすべて交換することで
直す方法をおすすめします。

切らずにサイズを調整する方法もあります。

ITA HARI

内側に板を張って縮める方法は
①基本料 ¥12,000
地金代ががかかります。

NAIMENKEZURI

伸ばす方法は厚みのあるリングであれば刻印は消えますが
内を側ヤスリで削る事で1号くらいは大きくすることができます。

SAIZUNOBASHIKI

 

1号程度であればサイズ伸ばし機という器械で内側から地金全体を伸ばし
拡げることもできます。

ただ、石が付いている指輪には使えず地金が薄くなる危険と途中で指輪が
割れる可能性があります。
割れた場合は通常のサイズ直しになります。

電話でのお問合せも非常に多いサイズ直しですが現物を見ないと加工の可・不可と
金額をお出しできません。
事前にお問合せフォームから指輪の画像を送っていただくと納期・金額をお出しする
ことができますので、お気軽にお問合せください。

お見積り・お問合せはこちらから